福岡で医学部予備校を探すならPMDで決まり!

医学部受験に特化した専門の予備校に通った方が長い目で見たらお得

医学部予備校 福岡 : 医学部受験のことなら医学部受験予備校メディカ(medika)

医学部受験の戦略医学部受験に特化した専門の予備校に通った方が長い目で見たらお得PDM医学部予備校では、自習室も充実

でも、少し考えてみてください。
医学部は他の学部と違って、現役で入る生徒の数が一浪以上の浪人生に比べて高いですよね。
中には三浪以上の多浪をしている学生だって、決して少なくはありません。
何年も浪人して、その度に予備校にお金を支払うことを考えたら、多少学費は掛かっても、医学部受験に特化した専門の予備校に通った方が長い目で見たらお得なのではないでしょうか。
何年も合格出来なければ、本人の心も折れて医学部を途中で断念することだってあり得ますよね。
そうなったら、それから違う道を選ぶにしても、今度は多浪ということがハンデになってしまうかもしれないですよね。
さて、同じ医学部の専門予備校の中でも福岡のPMD医学部予備校が他校と異なる点は、まず講義の時間の長さにあります。
1コマ当たり100分という他校よりも長い1コマで、国立コ−スなら年間なんと1740時間もの講義時間を打ち出しています。
1回の授業にしたら、10分程度の長さの差が年間を通す大きな違いとなり、それが大きな力となっています。
講義はあくまでも少人数制のゼミ方式を採用しているため、講師が一方的に授業を進めるという予備校で良く見られる風景はここには全くありません。
この少数ゼミ形式がひとりひとりの生徒が基礎をしっかりと固め、そこから応用へと受験勉強のリズムを作ります。
また、注目すべき点に年間のテストの回数というのがあります。
定期テストや実力テストをはじめとして、模試や過去問等を含めると何と1年間の間に40回から50回ものテストが行われることとなります。
この演習回数が受験生に確実に自信を付けさせているという訳です。
講師陣も医学部受験に突出したプロの講師ばかりです。
彼らはどうしたら医学部に合格出来るかということを知り尽くしているので、最大限に効果を得られる講義内容を常に追求しています。

価格3412円~ 2015私大医学部入試問題集3: 大阪医科・関西医科・兵庫医科・愛知医科・福岡・久留米・聖マリアンナ・東京女子医科 インテグラシリーズ 新評論 医学部予備校インテグラ https://t.co/iH4sYxeESY pic.twitter.com/wxIIWzl5d5

— こーりん (@corinnaigig) 2016年1月21日